ダイアン35 個人輸入

ダイアン35の個人輸入はオオサカ堂が最安値

オオサカ堂は薬の個人輸入の大手通販会社


最安1シート680円〜

さらに!初回購入の方には200円分のポイントを付与!

次回のお買い物からさらに安く購入できます。

 

全品送料無料!カード払いOK!

>>ダイアン35の詳細はこちら<<

 

ピルは毎月飲むものだからまとめ買いがお得!
尚、個人で使用する避妊薬を個人輸入で購入するのは合法的な行為ですのでご安心ください。

 

ダイアン35の購入にオオサカ堂をおすすめする理由

 

ダイアン35をオオサカ堂で購入すると、多少の価格の変動もありますが、700円代という安さなのも魅力です。
しかしそれだけではなく、お薬なだけに信頼性も重視した上で、ピル購入はオオサカ堂をおすすめします

 

 

ピル通販《オオサカ堂がおすすめな理由》

●製薬メーカーより直接購入することで偽造品を販売しないようにしている
●個人輸入代理店として10年の営業実績
●初回購入で200円分のポイントゲット(次回購入から使用可能)
●段ボール梱包+商品名をサプリメントと記載(中身がわからない)安心
●医者や病院からの卸注文もあるという信頼性
●送料無料

 

ダイアン35低用量ピル避妊薬の成分と効果

ダイアン35は、ドイツの製薬会社のバイエル社が製造・販売している経口避妊薬です。

 

低用量ピルダイアン35(dian35)が他のピルと避妊効果で異なる部分として成分であるサイプロトロン酢酸塩(酢酸シプロテロン)が含まれていることです。

 

この酢酸シプロテロンにより精子の男性ホルモンを抑制するので服用している21日間は排卵が起きません

 

さらに、ダイアン35を摂取することにより、女性の子宮の粘膜がの精子を昇らせ難くします

 

そして受精した卵が着床して育つようにするため子宮内膜が排卵期になると成熟していくのですが、この成熟を抑える効果もあります

 

このように、ダイアン35には、服用中は排卵させないという基本的な効果に加え、精子を卵まで到達させない、さらに万が一受精しても着床しにくい状態を作るなど2重3重の避妊効果があることが人気の理由です。

 

またダイアン35は、更年期障害の軽減やバストアップ・アンチエイジング効果も期待できます。

 

黄体ホルモンの酢酸シプロテロン

 

ダイアン35の特徴として酢酸シプロテロンの配合量が多いことです。

 

黄体ホルモン自体に男性ホルモンの生成を抑える作用があるのですが酢酸シプロテロンが多く含まれいることで、より男性ホルモンを抑制します。

 

よって、女性化を望む男性から支持されているピルとして有名です。

 

ダイアン35はアフターピルではない

 

妊娠したかもしれない性行為の直後に飲むことで避妊できるアフターピルの効果はダイアン35を飲んでもありません

 

アフターピルはダイアン35よりもっと多量の女性ホルモンを1回で摂取することで強制的に生理を起こすお薬です。

 

ピルは毎日服用することで避妊効果を継続するお薬なので間違わないように注意して下さい。

 

ちなみにそのような非常事態で備えておくと安心なのがアイピルです。

 

 

緊急避妊ピル・i-Pill(アイピル)1.5mg

 

ダイアン35のニキビ悪化予防に効果

 

ストレスや生活習慣の乱れ、生理前などに発生することが多いのがニキビ。

 

日常生活や環境が変わると、ホルモンの分泌バランスが崩れたことによって男性ホルモンが活発に活動しはじめることにより、皮脂腺を刺激して過剰に分泌されるようになるために機微が発生しやすくなります。

 

また、生理前に分泌が多くなる黄体ホルモンは、男性ホルモンと性質がよく似ているため、皮脂の分泌を促進するようになるのです。

 

ダイアン35は低容量ピルとして販売されていますが、有効成分物質サイプロトロン酢酸塩は男性ホルモンのアンドロゲンを抑制する作用があります。

 

その結果、オイリー肌やニキビの改善・発生を抑えてくれるのです。
特に口周りやアゴ、鼻の周りにできやすい大人ニキビに効果がみられています。

 

海外の臨床実験では、治療開始3ヶ月で38%、12ヶ月目には91%の患者のニキビ症状が改善したという報告もあります。
中には、ニキビ治療を目的にダイアン35を服用していたら、いつのまにか肌のキメが細やかになり、美肌を手に入れていたという人もいるようです。

 

乾燥肌なのにニキビ肌

 

脂質肌でニキビができるならまだしも、乾燥肌なのにニキビができることに疑問を感じる方も多いのでは?

 

この場合、ホルモンバランスが乱れている可能性があります。

 

ピルによりホルモンバランスを整えたことで、ニキビが改善する場合もあるので、一度試してみては?

 

 

 

体毛や髭(ヒゲ)すね毛など多毛・ムダ毛の抑毛にダイアン35

 

女子なのにヒゲや脛毛が濃い方がいます。

 

通常は女性ホルモンが多いため、濃い毛は生えないように作用されているのですが、、男性ホルモンの分泌が多い場合、男性のような濃くて太い毛が生える場合があります。

 

そのような方に人気があるのがダイアン35です。

 

ダイアン35には男性ホルモンを抑制する効果があるので、そのような症状を軽減する働きがあるからです。
さらに、ピルにより女性ホルモンが増加するため美肌効果もあり、ダイアン35を飲んで本当に良かったという声も多くあります。

 

 

男性ホルモンが髪の毛の薄毛・抜け毛に影響する

 

女性は女性ホルモンにより男性のような脱毛症や薄毛に悩むことなく髪はフサフサになるよう守られているのですが

 

ストレス、頭髪環境の悪化または男性ホルモンの影響が強い場合は女性も薄毛や抜け毛に悩みます。

 

抜け毛による薄毛に悩んでいる方のために、シャンプーやリキッド、クリームなど様々な対策が考案・販売されています。
中でも、皮膚科医などの専門医に処方してもらうことができる内服薬はよく知られている抜け毛予防対策です。

 

ただ、男性ホルモンが原因で抜け毛や薄毛に悩まれている場合は、抜け毛と深い関係があるホルモン剤が含まれている低用量ピルダイアン35を服用することで改善できる場合があります。

 

他のピルより豊胸効果があるダイアン35

 

一般的なピルにはすべてエチニルエストラジオールが配合されています。

 

このエチニルエストラジオールというエストロゲンです。

 

このエチニルエストラジオールの配合量が多いダイアン35は他のピルより豊胸効果が期待できます。

 

 

肌荒れ・毛穴の開きにも効果的ダイアン35

美容ホルモンと言われるエストロゲン(エチニルエストラジオール)が避妊薬ピルには配合されています。

 

中でもダイアン35はエチニルエストラジオールの配合量が多く、避妊目的でダイアン35を飲んでいたら、肌荒れが改善された肌がモチモチになった毛穴が引き締まったなど、目に見える形で美肌効果を感じている方が多いため、美容目的で服用している人が多いのもダイアン35の特徴です。

ダイアン35の飲み方

ダイアン35(diane pills)ピルの飲み方は、生理の最初の日に1シートの初めの1錠を服用し、シートの記載された順番に1錠づつ服用していきます。
なるべく同じ時間帯に服用しましょう。(服用時間が大幅に異なると不正出血が起こりやすくなります)

 

1シート21錠をすべてを飲み終えると7日間ピルを服用しない休薬期間を設けます。(この間に生理(消褪出血))が来ます。
7日目が終わった翌日から次のシートに移り、記載された順番で服用していくことを繰り返します。

 

また、胃腸薬との併用は、成分の吸収が悪くなる場合があります。

 

《避妊効果について》

 

初めてピルを開始する場合、1シート目は避妊具を併用することを婦人科ではすすめています
(婦人科によっては、最初の1か月は避妊具を併用することを前提として、生理5日までならピルを処方してくれます)

 

これは、1シート目で生理周期を整えるという考えからです
特に服用開始から7日までにピルによる避妊効果はないとされています。

 

きちんと生理の周期が決まっている女性はだいたい排卵日を予測できますが、これもあくまでも予測の範囲内です。
21錠飲みきって初めて、生理周期が整ったと考えた方が安全です。

 

よって初めてピルを開始した1シート目中は他の避妊具と併用することをおすすめします。

 

同様に、同量・同一成分へのピルの切り替えならば問題ないのですが、成分が違う、成分量が違うピルへの切り替えを行う場合も
1シート目は生理周期を整えるととらえ他の避妊具との併用が安全とされています。

病院や婦人科でダイアンを処方してもらう流れ

ダイアンを産婦人科や婦人科で処方してもらうには、初めに問診を受けます。

 

問診の際に、避妊目的・美容目的のためのみにダイアン35が欲しい場合はきちんと申告しましょう。
但し、処方目的が、避妊目的・美容目的の場合は全額自己負担になります。

 

又、子宮トラブル・生理不順改善などがあれば問診時に申告と婦人病の改善のためにダイアン35が必要だと判断さればを処方してもらえます。
問診時に子宮の不具合を伴う症状をうったえた場合、触診が行われます。

 

又、ダイアン35の処方だけを求めている場合にも、子宮トラブルがないかなど初診に関しては触診が行われる可能性が高いです。
但し、ピルを処方してもらう度にに内診エコーを使って触診するかどうかは病院によって異なります

 

ダイアン35の副作用

ダイアン35の主な副作用は、頭痛や嘔吐、蕁麻疹、不正出血などがあげられています。
頭痛や嘔吐はホルモンの影響によりおこるため、体が慣れてくると副作用が減少していく方もいます。

 

ダイアン35が不正出血の原因でない場合もある

 

不正出血が必ずしもピルが原因とは限りませんので、不正出血があった場合は婦人科にとりあえず行くということが重要です。
出血が止まったからと放置しておくと、不妊の原因を作ってしまったり、最悪の場合は癌のサインを見逃してしまう恐れがあります。
いつもと違う、なにかおかしいと思う身体の変化などがあったら医師に相談してください。

 

生理がこない場合

 

何等かのホルモンバランスの変化により生理が止まっている場合があります。

 

2シート服用しても生理がこない場合は、医師に相談してください。

 

 

◆他の薬との併用
血糖を下げる効果のある薬(インスリンなど)と併用した場合、ダイアン35の効果が低減する可能性があります。
処方薬・市販薬にかかわらず他の薬と併用する際には事前に医師や薬剤師と相談し、副作用についてや、安全かどうかなどを確認してから併用するようにしてください。

 

他の副作用として乳房の張り・痛み・軽い吐き気?強い吐き気を伴うことがあります。

 

吐き気をもよおし、ピルを吐き出す方もいらっしゃるでしょう。
万が一吐いた場合ですが、ピルは基本4時間かかって体内に完全に吸収されていきます。
よって4時間以内の嘔吐なら、吸収されていないと判断します。

 

吐き気や眠気

 

ダイアン35を飲むことで、ホルモンバランスが崩れ、夜眠れなくなり昼間の眠気に襲われる、吐き気があり怠いなどの症状が起こる場合があります。

 

しかし、これらの作用も飲み続けることで緩和しこれらの症状もなくなる傾向が多いです。

ピルを飲むのが危険な人は?

エストロゲンが関わっている癌の疑いのある人、乳がん、子宮癌(特に子宮頚癌)がこれにあたります。
また癌ではないですが、子宮筋腫もエストロゲンが関わっているため飲んではいけません。

 

また服用する人でも定期的に子宮癌の検診(細胞診)を受けることをお勧めします。

 

ピルの成分の一つのエストロゲンは血液を固まりやすくする作用(血栓を作る作用)があります。
ですから、そういった病気にかかったことがある人は飲んではいけないことになります(病名としては、血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患)。

 

また、手術やお産の後の人、長期安静の人も血が固まりやすくなりますので服用できません。
=ピル過敏症、原因不明の性器出血=
当たり前ですが、実際にピルを飲んで過敏症をおこしたひとや、原因不明の不正性器出血のある方も使用できません。

 

ピルの使用方法が危険な人

1.以前経口避妊薬を使用して過敏症をおこしたことのある人

 

2.乳癌、子宮体癌、子宮頸癌およびその疑いの人

 

3.原因不明の性器出血のある人

 

4.血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患にかかっている人 または、これらの病気にかかったことのある人。

 

5.35歳以上で1日15本以上の喫煙者

 

6.閃輝暗点、星形閃光などの前兆がみられる片頭痛の人

 

7.肺高血圧症または心房細動のある心臓弁膜症の人、 亜急性細菌性心内膜炎にかかったことがある心臓弁膜症の人

 

8.血管病変のある糖尿病にかかっている人(糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症など)

 

9.血栓性素因のある人

 

10.抗リン脂質抗体症候群の人

 

11.4週間以内に手術を予定している人、手術後2週間稲井の人、産後4週間以内の人、および長期間安静状態の人

 

12.重症の肝障害のある人

 

13.肝腫瘍のある人

 

14.脂質代謝異常のある人

 

15.高血圧のある人(軽度の高血圧症の人は除く)

 

16.耳硬化症の人

 

17.妊娠中に横断、持続性掻痒症または妊娠ヘルペスの症状が現れたことのある人

 

18.妊娠または妊娠している可能性のある人

 

19.授乳中の人

 

20.思春期前の女性

ピルはリスクを知った上で使用しよう

ダイアン35の服用でリスクがあると言われる血栓症とは?

ピルを服用すると血栓症を発症してしまうということを耳にしたことはないでしょうか。

 

血栓症というのは、血管の中で血液がかたまって血管を塞いだことによって血液が流れにくくなったり、炎症や壊死を起こしてしまう症状です。
これらの症状があると、心筋梗塞や脳梗塞につながることもあります。

 

ピルには女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが含まれており、この成分が肝臓と関係のある凝固因子を増加させることから血液が固まりやすくなると考えられています。
実際に、以前使用されていたエストロゲンが多く含まれている高容量ピルや中容量ピルを服用した場合には血栓症の発症率が高くなるということが知られています。

 

そのため、血栓症を増加させないようにエストロゲンを多く含まないピルとして誕生したのがダイアン35などの低容量ピルなのです。

 

血栓症のリスクは死亡率を高める

 

血栓症は、血管に血栓が詰まりやすくなる症状のことです。

 

血栓が脳で詰まると脳梗塞に、心臓で詰まると心筋梗塞になり、非常に死亡率を高めてしまう原因になります。

 

先天的・遺伝的に血栓のできやすい体質である場合やタバコを1日に15本以上吸う場合、糖尿病や高血圧などの疾患がある場合には血栓症発症リスクが高くなるため、服用の際には医師や専門家に相談するとよいでしょう。

 

乳癌とピルの関係

日本産科婦人科学会のガイドラインによれば本人が乳ガン患者である場合は、ピルは服用できませんが家族歴があるに過ぎない場合には使用制限はありません。
しかし乳腺診療ガイドライン(2008年版)には『経口避妊薬使用は乳癌のリスクを増加される可能性がある。』と明記されています。

 

系統立った文献検索でいずれも相対リスク約1.2と言でリスク増加が認められています。
経口避妊薬は乳癌発病のリスクを増加させるという結論とされ、相対リスク1.1?1.6と言う事です。

 

経口避妊薬の中止した場合は、中止後10年以上経過すればリスクの増加は認められなくなるという報告もありますが、中止後5年以上経過しても使用期間によるリスク増加の影響は残るとする報告もあります。
初回妊娠より前の使用でリスクが上昇するという報告もあります。

 

 

乳腺専門医からは今後もピルを飲み続けるのであれば1年間に2回は乳がん検診に来たほうがいいという乳腺専門医の意見もあります。

 

30代になったらタバコかピルか?

 

ダイアン35に限らず、ピル服用者は35歳になったらタバコの喫煙を続けるかピルを続けるか、医師から忠告されます。

 

それは、30を過ぎるとピルにより血栓リスクが高まり、そのリスクをさらに倍増する原因になるのがタバコだからです。

 

喫煙者なら良い機会だとタバコを止めるか、それとも禁煙できずピルを辞めるか微妙なところですね

 

血液検査でリスクを回避

 

個人輸入でピルを服用する場合、定期的に血液検査を受けることをおすすめします。

 

血液を調べ・血圧・コレステロール・血糖値の数値が適正数値だと、血管にかかかる負荷が少なく、血栓のリスクを抑えることができるからです。

 

血液検査の数値が悪い状態でピルを服用するのであれば血栓のリスクを伴いますので、生活習慣の改善を行いましょう。

ピル服用者の口コミ体験談レビュー

 

私が飲んでいるのはマーベロンという種類のピルで、避妊目的で飲んでいます。

特に副作用はありませんが、一番最初の飲み始め1シート?2シート目くらいまでは不正出血がありました。
ピルで避妊失敗したことはありません。
ピルを飲むタイミングも、夜寝る前と決めているだけで、そもそも夜寝る時間がバラバラなので時間も正確ではありません。

一番最初にピルを飲んでいたときは、トリキュラーという種類のピルを飲んでいたのですが、私の体には合わなかったようで、吐き気や倦怠感などの副作用が見られました。

マーベロンとトリキュラーの違いとしては、マーベロンはホルモン含有量が全ての錠剤に同じ量含まれている一相性のピルで、トリキュラーは飲み始めと休薬期間前ではホルモン含有量に変化がある三相性のピルであること、だそうです。
最初はネットでピルについていろいろと調べてみたのですが、一言でピルと言っても、ピルアンジュ・ミニピル・プレマリン・モーニングアフターピル・ダイアン35・・などなど本当にたくさんのものがあると知りました。
ダイアン35は、フランスでは30万人以上の方が服用しているそうですし、カナダでは抗ニキビ薬として使用されているそうですよ。
このように避妊用のピルと言っても様々な種類がありますので、自分に合ったピルを見つけることが大切だと思います。

男性の女性化に人気のダイアン35

男性が女性ホルモンを服用すると女性化するためダイアン35を飲みます。

 

トリキュラーなど婦人科で一般的なピルを使う場合、男性ホルモンの量は変わらないので男性ホルモンの影響を受けながら女性ホルモンの量を追加していくことになります。

 

しかし、ダイアン35には男性ホルモンの抑制効果があり、同じピルを飲むにしても男性ホルモンの活動を抑えることができる作用を持つ副作用が少ない薬ということで、ダイアン35は人気です。

 

女性化のための服用方法

 

通常は1日1錠のダイアンの服用ですが、以下の記載は女性化を求める方は一般的な服用している量になります。
よって完全なる自己責任と副作用発症のリスクは高まる危険な方法です。

 

女性化を目的とした場合はダイアン35の男性ホルモン抑制効果が途切れないように12時間ごとに1錠、1日2錠を毎日服用します。

 

これは、あくまでも女性化のためであり、ダイアン35の発売元が推奨する服用方法ではありません。

 

 

ダイアン35と人気がでたエストロモン

 

女性化を望む方から人気があったピルがダイアン35とプレマリンでした。

 

ダイアン35には男性ホルモンの活動を抑えることができる作用があるのでダイアン35を好んで飲む方もいます。

 

そんなプレマリンのジェネリック薬であるエストロモンが発売されたことでリーズナブルなエストロモンが人気になっています。

 

顔つき・筋肉に変化

 

ダイアン35を服用したことで男性ホルモンが抑制され、顔つきがだんだんと柔らかくなってきます。
また、男性はそもそもは男性ホルモンのおかげで筋肉がつきやすい体なのですが、男性ホルモンが抑制されるので、筋肉が付きにくい、女性のような柔らかな体になってきます。

 

 

抗男性ホルモンシテロンとダイアン35の併用

 

男性ホルモンの抑制効果のあるシテロンとダイアン35で摂取する女性ホルモン

 

女性化を求める男性がシテロンを飲み男性ホルモンを減少させ代わりにダイアン35で女性ホルモンを増やす

 

理論上は理にかなっていますが医者は絶対にすすめない組み合わせでしょう。

 

リスクもすべて受けいれて男性化のために併用している方もいるようですが危険ですよね。

 

 

omsで販売中のNCノーム50とは

 

ダイアン35と同じように男性ホルモンのアンドロゲンの働きを抑える効果があるエストロゲンホルモン剤です。
あまりメジャーなお薬でないため大手の個人輸入代理店では取り扱われていません。

 

 

スピロノラクトンとダイアン35とニキビ

 

スピロノラクトンは利尿薬ですが、別の働きとして、アンドロゲンの働きをブロックする作用があります。
これはダイアン35のアンドロゲンの抑制効果と同じです。
病院では、ニキビ治療としてスピロノラクトンを処方しているところもあります。

 

病院ではダイアン35は日本では未承認のお薬ですので、同じ作用をするスピロノラクトンを処方しています。

 

しかし、スピロノラクトンは元々利尿剤ですので取り扱いには注意が必要です。

 

 

>>スピロノラクトン(Spironolactone)100mg<<

 

 

 

楽天市場やamazonでダイアン35は販売されているのか?

ダイアン35は楽天市場やamazonで取り扱いがあるかどうか調べてみました。

 

まずは楽天市場から。

取り扱いは無し。

 

そしてamazon。

amazonの並行輸入品にも取り扱い無しです。

 

ダイアン35は処方箋医薬品なので、楽天市場やamazonで購入することはできません。

 

マーベロン・ヤスミン・ヤーズ・スーシー価格比較

ダイアン35以外にもマーベロン・ヤスミン・ヤーズ・スーシー・トリキュラーなどのピルがあります。

 

特に、トリキュラーは婦人科でもっとも処方されるピルです。

 

尚、ヤーズはヤスミンのジェネリック薬ですが、ピルのジェネリック薬を取り扱っている病院は多くないようです。